最近の葬儀の傾向

最近の葬儀の傾向

最近の葬儀・お葬式には、大きく分けて「直葬」「家族葬」などの5つの傾向があります。 それでは、それぞれの葬儀について詳しくご説明しておきます。

●直葬
直葬(ちょくそう)とはお通夜や告別式をおこなわず、火葬のみを執り行う葬儀のことをいいます。ただし、身内だけでお葬式をおこなう家族葬や密葬とは異なり、直葬を選ぶ方は、実にさまざまな事情を抱えている方が多いようです。 たとえば、亡くなった方が高年齢で知人がほとんどいなかったり、親族がほとんどいないなど、葬儀を行うことへの疑問や費用をかけたくないという方もいらっしゃいます。しかし、直葬だからといって、故人への思いや心がないというわけではありません。火葬の際にご住職をお呼びして、お経をあげてもらうこともできます。これは、まったくの無宗教の方でも行うことができます。ただし、葬儀に参加してお別れをしたかった親族や知人へは、誤解のないよう葬儀を行わなかった旨を後からで良いので連絡しておきましょう。

●家族葬
家族葬は、故人と過ごす最後の時間を大切にしたいというご遺族の意思により行われることが多いようです。通常のお葬式で、ご遺族の方は何もわからないうちにすべてが終わってしまうということが多く、お亡くなりの時から、お通夜、お葬式まで、慌ただしい中でほとんどが過ぎていきます。ですので、故人とのお別れの時間もゆっくり過ごすことは難しいのです。ですので、家族葬ではごく親しい人だけで行うようになっています。家族葬ならば、周囲を気にすることなく、じっくりと故人とお別れをすることができます。 ただし、家族葬は親しい人だけで行い、その後あらためて一般の人を呼ぶお葬式を行う方も結構いるようです。

●自由な形の葬儀
最近では、お通夜だ、告別式だ、神式だ、仏式だと伝統的なかたちにとらわれない葬儀が増えています。たとえば故人が好きだった音楽を流したり、時には、生演奏を行ったりするケースもあるようです。また、ロビーに故人のアルバムなどの遺品を展示したり、プロジェクターを用意して、故人の写真を映したりする葬儀もあるようです。 祭壇も、以前はほとんどが旧型の白木祭壇だったのですが、最近では、色とりどりの生花でつくられた生花祭壇も増えています。無宗教の「お別れ会」を行うことも多くなって来ましたので、葬祭ホールではなく、ホテルなどで行われることも多くなっています。埋葬の仕方にしても、散骨を始め、樹木葬、宇宙葬というものまで登場しています。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Archives

Calendar