お悔やみの電報例2

お悔やみの電報例2

お悔やみの電報を打つ際の参考例をご紹介しますので、ご自身でお悔やみ電報を打つ際にご利用ください。文末の( )の数字は文字数です。

●最愛の奥様がお亡くなりになられたお悲しみは、計り知れないものとお察しいたします。どうぞお気を強くなさってください。心からお悔やみ申しあげます。(71)

●突然の悲報に接し、驚愕しております。謹んでご冥福をお祈りいたします。(34)

●突然の悲しいお知らせに接し、悲しみにたえません。在りし日を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。(48)

●あまりに突然のご逝去、お慰めの言葉もございません。ただ、ご冥福をお祈りするばかりです。 (43)

●突然の悲報に接し、動揺のあまり声も出ませんでした。 ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。心からご冥福をお祈りいたします。(69)

●悲報に接し、心からお悔やみ申しあげます。お力落としをお慰めするすべもなく、ただ故人のご冥福を祈りあげるばかりです。(57)

●突然の悲報に接し、ご遺族様のお悲しみいかばかりかと拝察いたします。お別れもできなくて、残念です。故人のご冥福をお祈りいたします。(64)

●突然の悲報に接し、驚いております。残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。(79)

●まさかとは思いましたが、ニュースで知り驚いています。さぞかし皆様お心落としのことと存じますが、一日も早くお悲しみから立ち直られますように。謹んでお悔やみを申しあげます。(84)

●悲しいお知らせに呆然としております。お別れにも伺えず、残念でなりません。心からご冥福をお祈りいたします。(52)

●お悲しみに対し弔問かなわぬ非礼をおわびし、謹んで哀悼の意を表します。(34)

●ご生前のご厚情を思えば、お見送りをしなければなりませんのに、健康を害し伺えず申し訳ございません。故人のご冥福を祈って手を合わせております。(69)

●突然の悲報に接し、呆然自失のありさまです。お元気だったころのお姿ばかりが目に浮かび、訃報がいまだに信じられません。今はただ、ご冥福を祈るのみです。(73)

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Archives

Calendar