納骨と改葬

納骨と改葬

火葬を行い骨揚げも終え、納骨を行うのは四十九日かその前に行う場合が多いようです。ただし、お墓がまだ購入できていない方や、お墓はあるが墓石をたてていないという場合には、納骨堂に一時的にお預けしてしまった方がいいでしょう。しかし、永遠に預けているわけにはいきません。目安として、遅くとも一周忌、三回忌、七回忌ぐらいまでには納骨を済ませるようにしてください。

ほとんどの方の場合、納骨をお一人で行うことはないはずです。菩提寺があれば、ご住職にお願いしたり、無宗教だからお経をあげて欲しいというような場合は、墓地の管理人にご紹介してもらったりという手もあります。納骨の日が決まれば、ご僧侶には早めに連絡をし、当日は同行して頂きましょう。

納骨をし、お花等を飾り、線香を供えご僧侶に読経してもらいます。なお、納骨には埋葬許可証が必要となりますので、絶対に忘れないようにして下さい。 納骨は知っていても、改葬は知らないという方も多いはずです。

「改葬」とは、旧の墓を『姓抜き』し、新しい墓に姓を入れることで「開眼供養」ともいいます。姓抜きした後、墓地の管理人に立ち会ってもらい、遺骨を新しい墓に移します。 改葬の手続きは、現在の墓地で遺骨が埋葬されている『埋葬証明書』をもらい、現在の役所で『改葬許可証交付申請書』を提出し『改葬許可証』をもらいます。次に、新しい墓地の管理者から『受入証明書』をもらいます。

閉眼供養を済ませ遺骨を引き取ったら、新しい墓地へ行き、改葬許可証を提出してから遺骨を埋葬し、さらに開眼供養を行います。分骨する場合には『分骨証明書』を出してもらうのを忘れないようにしてください。

改葬が必要なケースについては、次のような場合もあります。

●寺院内に墓地があり、別の宗派に改宗した場合。供養の方法が異なるため、一緒に合祀できないため、他の墓地や新しい宗派の寺などに移動する必要があります。

●本家から独立して別に墓地を作った場合、親の遺骨等を本家の墓地から分骨して新しい墓地に移動する必要があります。

また、最近、墓石に刻む名前には限りがあるため、墓誌を利用する方が増えてきています。 墓誌ですと刻むたびに姓を入れたり抜いたりする事をしなくても良いので便利です。又、墓誌ですとその人の人生観とか人生の記録等も刻む事が出来るため、希望する人が増えているようです。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Archives

Calendar