弔辞の服装

弔辞の服装

弔辞のときの服装には、正装、準礼装、略礼装があり、以下のような服装を心がけてください。

●男性の略礼装
ダークグレーや濃紺のスーツ。シャツは白、ネクタイは黒にしましょう。

●女性の略礼装
黒、濃紺、グレーなどの地味な色合いのワンピースかスーツがいいでしょう。地味な色合いのものなら、ブラウスと長めのスカートでもかまいません。ストッキングは黒か肌色にし、白などは避けてください。

●男性の準礼装
ダブルかシングルの黒いスーツです。スリーピースの場合はベストも黒になります。シャツは白の無地で光沢があるものは避けましょう。ネクタイは黒。靴・靴下も黒で統一しましょう。

●女性の準礼装
黒のワンピースとなります。靴は黒、ストッキングは黒か肌色にします。 尚、子供の服装は、制服が礼装となります。

●男性の正式礼装(洋装)
黒のモーニング、ベスト(上着と共地)、ネクタイ(黒・タイピンは不可)、ワイシャツ(白・折り襟か立ち襟)を着用します。靴・靴下は黒。ズボンは黒とグレーの細縞。

●男性の正式礼装(和装)
着物・羽織(黒羽二重、または染め抜き五つ紋)、帯(角帯)、襦袢(白または灰色で無地の羽二重)、羽織の紐(黒または灰色または白の平組み)、袴(仙台平または博多平)、草履(畳表で黒か白の鼻緒)、白か黒の足袋となります。

●女性の正式礼装(洋装)
黒のシルクかウールのワンピースに、黒で光沢のない靴、靴下も黒にし、アクセサリーは涙を表すパールのネックレスにします。

●女性の正式礼装(和装)
着物・羽織(黒羽二重、または染め抜き五つ紋)、帯(角帯)、襦袢(白または灰色で無地の羽二重)、羽織の紐(黒または灰色または白の平組み)、袴(仙台平または博多平)、草履は畳表で黒か白の鼻緒のもの、足袋は白か黒にします。

通夜は、本来、近親者やごく親しい方だけが集い、故人を偲ぶものです。ですので、それ以外の方が通夜の前に弔問する場合は、形式よりも心を大切にしてください。服装などを考えるのは後にして、とにかく駆けつけることを優先にしましょう。

■ 東京23区内の家族葬

 

Archives

Calendar