任意売却をするとブラックリストにのってしまうの?

任意売却をするとブラックリストにのってしまうの?

そもそもブラックリストという明確なものは存在しません。
住宅ローンに限らず、キャッシングやローンの返済を滞納すると、信用情報機関に滞納した履歴が残ってしまうのです。
信用情報機関に履歴が残ることをブラックリストと呼んでいる人が多いというだけの話です。
信用情報機関に履歴が残ると、その後、数年間は新しいローンを組むことができません。任意売却をお考えの方も、そのことを考慮してから実行すべきです。中には、そういったリスクを知らずに任意売却を決断してしまう人も少なくないからです。任意売却は滞納した状態にならないと実行することができないので、ブラックリストに載ってしまうことは避けられません。
その後、新しい住まいを買うのにローンが必要な場合は、任意売却ではない別の策を考える必要があります。しかしながら、競売になり売却価格が大きく目減りして裁判所から強制退去命令がくだされるよりは、ブラックリストにのったほうが100倍マシだと思います。このような理由から私は任意売却をおすすめします。 任意売却を実行してブラックリストにのってもアパートは借りられますからね。


任意売却を検討することについて

自宅を購入する際には長期のローンを組むのが一般的ですが、この先何十年も仕事が保証される保証は誰にもできません。
自分が思わぬ病気にかかってしまうかもしれませんし、会社にリストラをされたり、会社自体が潰れてしまうこともありえます。そしてそうなると自宅のローン返済が重くのしかかってくることになります。 ローンの返済が苦しくなってもローンとはつまり銀行からの借金のことですから、返済が滞れば自宅に設定される抵当権が実行され、最終的には競売にかけられることになります。
もっとも競売は銀行としてもなるべく避けたい手続きで、できるだけ高く売却できる任意売却も選択肢に入ってくることになります。 任意売却は銀行が自ら抵当権を抹消する手続きですが、競売よりも高値で家を売却できるます。
ですから、競売にかけるぐらいなら少しでも資金を回収しようと、任意売却に応じてくれることが多くなります。任意売却を行う際は、任意売却専門業者を利用するのがよいでしょう。

【神奈川県(横浜市)】
任意売却 鶴見区/ 任意売却 神奈川区/ 任意売却 西区/ 任意売却 中区/ 任意売却 南区/ 任意売却 港南区/ 任意売却 保土ヶ谷区/ 任意売却 旭区/ 任意売却 磯子区/ 任意売却 金沢区
任意売却 港北区/ 任意売却 緑区/ 任意売却 青葉区/ 任意売却 都筑区/ 任意売却 栄区/ 任意売却 泉区/ 任意売却 瀬谷区/ 任意売却 戸塚区
【神奈川県(川崎市)】
任意売却 川崎区/ 任意売却 幸区/ 任意売却 中原区/ 任意売却 高津区/ 任意売却 宮前区/ 任意売却 多摩区/ 任意売却 麻生区

Archives

Calendar