任意売却にはどんなデメリットがあるのか

任意売却にはどんなデメリットがあるのか

任意売却についての説明を読むとメリットばかりが強調されがちですが、あまりにもメリットばかり説明されると、デメリットもあるのではと疑う人もいるでしょう。
しかし結論から言えば、任意売却にはデメリットと言えるようなものはありません。 売却益、引越しのスムーズさ、残債の返却スケジュールなど、あらゆる面で任意売却は競売を上回ります。 競売にかけるとなると、金融機関の方としても面倒な競売手続きをしなければいけなくなりますし、競売をとりしきる行政側にとっても手間がかかります。
自発的に売却をすることで、それらの手間が省けるわけですから、周囲から歓迎されるのも当然ですし、メリットばかりになるのも当然のことと言えます。 強いてデメリットを挙げるとすれば、任意売却をするために任意売却業者を探したり、買い手の内見に協力することが面倒なことが挙げられます。
ただ、競売の場合のように裁判所の担当官にずかずかと家の中に入り込まれたり、誰にも悩みを相談できずに一人で抱え込むよりは、面倒でも任意売却をする方がずっと良いと言えるでしょう。


任意売却とサービサーの存在

任意売却ではオーバーローンとなっているので、任意売却後でも全て返済できず(売却予想額よりもはるかに高額で売れた場合は別)、その残債は無担保債権となって残ります。
このときに、元々は抵当権者であった金融機関や保証会社は、任意売却をする=既に返済ができないことがわかっているような資力の無い債務者に対して、基本的に無担保債権のまま債務者の返済を待つような悠長なことはあまりしません。
そこで登場するのがサービサーと呼ばれる債権回収会社です。サービサーは、債権者から低額で債権を買い取り、債権者はサービサーに変わります。
ですから、サービサーへ売却された後は、サービサーへお金を返済していくことになります。任意売却によって確定した不良債権を、更にサービサーに売却すると実質損となるので損金計上できるのがその理由です。
任意売却で大部分の債務を返済したからといって、安心できるわけではありません。引き続きサービサーへの返済が待っており、サービサーの回収業務はそれまでの金融会社や保証会社よりもきついかもしれないのです。

【神奈川県(他市・町)】
任意売却 相模原市/ 任意売却 鎌倉市/ 任意売却 逗子市/ 任意売却 三浦市/ 任意売却 葉山町/ 任意売却 厚木市/ 任意売却 大和市/ 任意売却 海老名市/ 任意売却 座間市/ 任意売却 綾瀬市
任意売却 愛川町/ 任意売却 清川村/ 任意売却 平塚市/ 任意売却 茅ヶ崎市/ 任意売却 秦野市/ 任意売却 伊勢原市/ 任意売却 寒川町/ 任意売却 大磯町/ 任意売却 二宮町
任意売却 南足柄市/ 任意売却 中井町/ 任意売却 大井町/ 任意売却 松田町/ 任意売却 山北町/ 任意売却 開成町/ 任意売却 小田原市
任意売却 箱根町/ 任意売却 真鶴町/ 任意売却 湯河原町/

Archives

Calendar