音楽葬の相場と安く済ませる方法。

音楽葬の相場と安く済ませる方法。

音楽葬が一般的になってきた昨今、自分も音楽葬にしたい、あるいは自分の身内で音楽好きな人がいれば音楽葬で送ってあげたいと考えている人は少なくないかもしれません。ただ実際に音楽葬をするならどのくらい費用が掛かるのかまで分かっている人は多くは無いと思います。実際、どの程度の規模や内容で葬儀をするかにもよるのですが、例えばピアノの生演奏を葬儀屋に手配してもらうとプロの手配になりますので1日6万円くらいが相場です。さらに他の楽器の演奏者をプラスすれば10万円~20万円という高額な費用になってしまいます。当然それ以外にも通常の葬儀費用が掛かりますので、音楽葬をしたいけど費用も抑えたいという方は知り合いで楽器演奏を出来る方を手配してアルバイト代として日給1万円ほどに抑える方法が良いかもしれません。

音楽葬をするならこんな曲がいい

音楽葬をするなら、どんな曲を選ぶか考えてみました。

といっても、私自身、音楽葬に参列したことはないのですが。

全体に、クラシックの曲を流したいと思います。

まず、始まりには、ありきたりかもしれませんが、バッヘルベルのカノン、バッハのG線上のアリア。音楽葬でなくても、よく使われる曲ですが。

後はずっと、好きな曲を流してほしいと思っています。

ドビュッシーの夢、アラベスク第1番。ラヴェルの水のたわむれ。サティのジムノぺディ。どうしてもピアノの曲が多くなってしまいますが、音楽葬らしくて、しっとりとした雰囲気がいいような着がするのです。

そして、モーツァルトのピアノソナタ、K545、K570、K397など何曲か。内田光子さんの演奏のものがいいのです。

こんな風に考えると、音楽葬は、暗くないお葬式のような気がします。
音楽葬・家族葬・無宗教葬について

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Archives

Calendar