葬儀の流れ

葬儀の流れ

ここでは最も多いケースとして、あくまでも基本的な葬儀の流れをご紹介しておきます。病院で亡くなられ、仏式の葬儀を執り行った場合の一連の流れとなります。詳しい内容については、ご要望や地域性、宗派などによって異なりますので、あくまでも参考としてください。

■病院へのお迎え
ご臨終を迎えたら、まず葬儀社に連絡しましょう。寝台車でご遺体をご自宅もしくは、斎場へと搬送します。緊急の場合ですが慌てず、病院のすすめとか知り合いの紹介の葬儀社があればそれが一番でしょう。葬儀社に連絡をすれば、どの様な場合でも寝台車で迎えにきてくれます。

■枕飾り
ご自宅では、敷布団と枕、掛け布団を用意します。ご遺体が自宅に到着したら、お布団に安置し、枕飾りが飾られます。宗派によっても異なりますので、もし分かるようであれば事前に連絡をしておきましょう。

■お打合せ
枕飾りなどが終えた時点で、葬儀に関しての打合せが始まります。打合せに出席すべきご遺族の方がご不在の場合や、お疲れの場合などは打合せの時間を半日ほどずらすこともできるでしょう。要望をきちんと説明し、必要な費用を見積もってもらいます。この時点で、告別式などの希望の日程を決めますが、斎場や火葬場の空き具合にもよりますので、葬儀社側で確認をとり手配が整った時点でスケジュールが決定します。

■納棺
お通夜の前にご遺体を棺へと納めます。故人が愛用されていた物があれば一緒に納めてあげると良いでしょう。

■お通夜
本来、告別式の前に親族や親しい方たちで夜を通して故人に付き添い、別れを惜しむのがお通夜です。また、ご遺体に悪いものがつかぬようお守りするという意味もあります。僧侶によりお経が上げられ、喪主、ご親族、会葬者の順番で焼香を行います。焼香を開始するタイミングや順番は、葬儀社の担当がご指示をしてくれますので心配はありません。

■通夜振る舞い
会葬者の方々に感謝の気持ちとして、通夜の後、軽いお食事をご用意します。会葬者の方々がお帰りになられた後は、斎場の設備や規定などにもよりますが、ご親族数名がお泊りになり、一晩故人と共に過ごすようにしてください。

■葬儀・告別式
通夜と同じく僧侶によりお経が上げられ、喪主、ご親族、会葬者の順番で焼香を行います。出棺時に喪主の方は最後のご挨拶をします。お別れを終えられましたらご出棺となります。

■火葬
火葬場へ同行される方々の人数は前もって把握しておきましょう。マイクロバスで移動しますので、事前の確認が大事です。ただし、火葬場が併設されている斎場の場合は必要ありません。

■精進落とし
火葬場より戻り精進落としを行います。最近では、この時点で初七日の法要を繰り上げて行うことも多いようです。ご自宅に戻りましたら、後飾りの祭壇にご遺骨を安置します。

■ 神奈川の葬儀
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Archives

Calendar