密葬

密葬

「密葬は生前からの故人の希望なのです・・・」
「ごく親しい内々だけでみおくりたいから・・・」
これが大事な身内を亡くしたときの心境でしょう。密葬と呼ばれるお葬式には、このようにしなければいけないという決まりはありません。ここでは古くから言われている密葬と、現在、一般的に言われている密葬についてまとめてあります。

密葬と一般的なお葬式との違いは、一般の会葬者に告知をするかしないかということなのです。つまり、お葬式を通知する範囲を家族や、ごく親しい友人縁者などにとどめるかどうかです。このように、告知する範囲をごく身内だけにとどめた少人数のお葬式を、現在では一般的に密葬と呼んでいます。火葬や直葬とも似ていますが、密葬の場合はごく身内だけですが葬儀を行う点です。そして、密葬を行う考え方にも実に様々な事情が関係しています。

「近所に知られたくないから・・・」
「経済的にもあまり費用をかけられないので・・・」
「身内以外は呼びたくありません・・・」
「名前しか知らない会社関係や縁の薄い知人には知らせたくないので・・・」

本来、密葬は喪主になる人が遠方にいて葬儀に間に合わない場合や、社葬など、後日改めて通知を出して本葬をおこなうこと場合に密葬と言っていました。その他に、故人が遺言などで身内だけの葬儀を望んでいた場合にも密葬が行われています。このような場合には本葬はおこなわれないのが一般的でしょう。

葬儀後は密葬が故人の希望であった旨をあいさつ状に書き添えておくと良いでしょう。原則は密葬が終わるまでは、不幸があった事を一般の人には告知しないのです。 自宅で密葬をおこなう場合は、いくら告知をしないとは言ってもご近所には知られてしまうものです。ですから近所の人にはできれば早めに連絡をして、密葬である事と弔問を控えていただきたい旨を伝えておくとよいでしょう。後日に挨拶状を出して、内々だけで密葬を行ったことをお伝えすればよいのです。

最近では、葬儀社の自社式場でも少人数向けの小さな式場も随分増えてきています。自宅では何かとご近所や、車両の駐車場所にも気遣う事もあり、式場希望者は年々増加しています。密葬を上げる場合に葬儀社を選ぶポイントとして、なるべく密葬の経験が豊富な担当者と、企業として情報管理の取扱い姿勢にも徹底した管理のできている葬儀社にご相談をされる事をおすすめします。この時、葬儀社に自社の斎場(式場ホール)の有無は全く重視する必要はありません。しっかりと密葬である要望を葬儀社の担当者に話し、貴方の思いを担当者がくみ取ってくれているのかを確認する事が大切なのです。

もしも皆さんの行かれた葬儀社で、良心的な対応であり、実際に葬儀の依頼をされて本当に思い通りで満足できたという葬儀社であった場合は、是非、葬儀社名と担当者名を記憶して、知人、友人、親戚などのもしかの時に教えてあげれば感謝される事でしょう。

地域別葬儀情報・東京都下(市部)
葬儀 八王子市 葬儀 立川市 葬儀 武蔵野市 葬儀 三鷹市 葬儀 青梅市
葬儀 府中市 葬儀 昭島市 葬儀 調布市 葬儀 町田市 葬儀 小金井市
葬儀 小平市 葬儀 日野市/ 葬儀 東村山市 葬儀 国分寺市 葬儀 国立市
葬儀 福生市 葬儀 狛江市 葬儀 東大和市 葬儀 清瀬市 葬儀 東久留米市
葬儀 武蔵村山市 葬儀 多摩市 葬儀 稲城市 葬儀 羽村市 葬儀 あきる野市
葬儀 西東京市 葬儀 瑞穂町 葬儀 日の出町 葬儀 檜原村 葬儀 奥多摩町

 

 

Archives

Calendar