神式の葬儀

神式の葬儀

神式による葬儀は、正式には「神葬祭」と呼ばれ仏式の葬儀に次いで多く行われています。 仏式の葬儀と神式の葬儀で大きく違う点は、仏教が即成仏を祈るのに対し、神式は故人の霊が家の守護神・氏神として祭られる点にあります。 また、仏教の場合、寺院でも葬儀が行えるのに対し、神式の場合、「死は忌み嫌うもの」として神社での葬儀は行えず、戒名もないということも、異なった点といえるでしょう。しかしながら、どちらの儀式も故人の冥福を祈り、死を弔うといった心には相違はありません。では、神式祭壇の一例をあげておきます。

神道のお葬式は「葬儀」とは言わず、「葬場祭」(神葬祭)と言います。葬場祭は、仏式の告別式と葬儀を兼ねています。式場には、祭壇と棺を安置し、玉串案(台)を置き、祭主(さいしゅ)、祭員(さいいん)、楽員の席を遺族席よりも一段高く設定するようにします。席次は、祭壇を正面にして右側には喪主、遺族、近親者、左側には世話役、友人、知人の順になります。注意するところは作法がかなり異なる点です。神葬祭では礼拝の作法も普段とは異なりますので、以下に注意するポイントを記しておきます。

神式の葬儀に関する祭は以下のとおりです。

■帰幽祭 
■通夜祭 
■葬場祭 
■火葬祭 
■帰家祭
■忌日祭
■十日祭 
■二十日祭 
■三十日祭 
■五十日祭(五十日を似って忌明け、納骨を通例とします) 
■年忌祭(仏式でいう法事 通常数年で行ないます)
■一年祭 
■三年祭 
■五年祭 
■十年祭 
■二十年祭 
■三十年祭 
■五十年祭

では、「霊璽(れいじ)」について説明しておきましょう。神葬祭における特徴の一つに遷霊祭があります。厳粛をきわめる儀式で、位牌に相当する霊璽(れいじ)に故人の御霊をお遷しするものです。仏式と同じように、葬場祭と告別式を別々に続けて行うことが多くなっています。これは、最近の関東の傾向です。告別式では、一般の会葬者が玉串奉奠(たまぐしほうてん)をおこないます。 玉串奉奠とは、玉串奉奠(たまぐしほうてん)玉串奉奠は、仏式で言う焼香に当たる作法です。 玉串を受けたら、案(玉串を置く台)の前に進み、玉串をおしいただきます。根本を手前にして、まっすぐに持ちます。次に時計回りに回転させて、向きを変えます。葉先を手前にして供えます。 二礼 二拍手(葬儀では音をたてずに拍手します) 一礼となります。

葬儀地域別情報・神奈川県(横浜市)
葬儀 鶴見区 葬儀 神奈川区 葬儀 西区 葬儀 中区 葬儀 南区
葬儀 港南区 葬儀 保土ヶ谷区 葬儀 旭区 葬儀 磯子区 葬儀 金沢区
葬儀 港北区 葬儀 緑区 葬儀 青葉区 葬儀 都筑区 葬儀 栄区
葬儀 泉区 葬儀 瀬谷区 葬儀 戸塚区
葬儀地域別情報・神奈川県(川崎市)
葬儀 川崎区 葬儀 幸区 葬儀 中原区 葬儀 高津区 葬儀 宮前区
葬儀 多摩区 葬儀 麻生区

 

Archives

Calendar